読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web系エンジニアが行政書士を目指すブログ

アラサー既婚(元)Web/アプリエンジニア兼デザイナーが行政書士を目指す

フォーサイト 追加模試1

フォーサイトの追加模試 1回目です。

f:id:ngk-works:20161104155117p:plain

この追加模試、2回分でそれなりの値段ですし、本当は申し込まないつもりだったのですが、各社の模試結果が思わしくなかったため、ラストスパートの確認用に申込みました。
この状況になると、精神的な不安を取り除いて本試験に臨むためであれば、金銭的な負担はどうでもよくなってくる。。。

f:id:ngk-works:20161104155739p:plain

試験科目 出題形式 科目 出題数 配点 正答数 点数
法令等 五肢択一式 基礎法学 2問 4点 2問 8点
憲法 5問 4点 3問 12点
行政法 19問 4点 18問 72点
民法 9問 4点 5問 20点
商法 5問 4点 4問 16点
多肢選択式 憲法行政法 4 * 3問 2点 12問 24点
一般知識等 五肢択一式 政治・経済・社会 7問 4点 2問 8点
情報通信・
個人情報保護
4問 4点 4問 16点
文章理解 3問 4点 2問 8点
合計 184点
  • 記述式の問題は除く

各社の模試結果を反省・分析して、苦手な分野や出題が予想されそうな部分を中心に復習したのが功を奏したのか、記述式問題を除いた状態で180点の合格ラインを超えたのは(基礎レベルの模試を除いて)初めてです。
各科目でなかなかの正答率ですが、18/19 という行政法択一は出来すぎ。 本試験までギリギリですが、なんとか合格ラインが見えるところまではやってこれたと思うので、最後まで気を緩めず、走り抜けたいと思います。

辰已法律研究所 全国公開模試

前回の民・行チャレンジ模試に続いて、辰已法律研究所の模試に挑戦しました。
模試自体は自宅で受けて、解答をWeb入力 -> 結果諸々と成績を後日郵送してもらえる形式です。

f:id:ngk-works:20161104151840g:plain

自己採点の結果は・・・

試験科目 出題形式 科目 出題数 配点 正答数 点数
法令等 五肢択一式 基礎法学 2問 4点 1問 4点
憲法 5問 4点 3問 12点
行政法 19問 4点 13問 52点
民法 9問 4点 8問 32点
商法 5問 4点 2問 8点
多肢選択式 憲法行政法 4 * 3問 2点 10問 20点
一般知識等 五肢択一式 政治・経済・社会 7問 4点 4問 16点
情報通信・
個人情報保護
4問 4点 3問 12点
文章理解 3問 4点 2問 8点
合計 164点
  • 記述式の問題は除く

一般知識の点数に助けられたような気がします。記述式問題の結果次第ではなんとか・・・、というところですが、あまり自信はありません。。。

解説の中で講師の方が仰っていましたが、確実なのはやはり、行政法の択一で着実に点数を重ねることだそうで、最低でも15/19問は取りたい、と。

  • そういう意味では、最も基本的な部分での点数が足りていないので、本試験まで時間が限られている中ではありますが、なんとか詰め込んでいきたいと思います。

辰已法律研究所 民・行チャレンジ模試

各社の模試結果が思わしくないため、急いで申し込んだ辰已法律研究所民・行チャレンジ模試
実際は、通常の公開模試を申し込もうとした際に発見したモノで、受けられるものは受けよう精神で併せて申し込みました。個別に申し込むよりちょっとお得になります。

f:id:ngk-works:20161018181546g:plain

本試験形式の模試ではなく、民法行政法に絞った30問(択一: 27問, 多肢: 1問, 記述: 2問)を90分で解く形式となります。結果は・・・

試験科目 出題形式 科目 出題数 配点 正答数 点数
法令等 五肢択一式 行政法 18問 4点 12問 48点
民法 9問 4点 6問 24点
多肢選択式 行政法 4 * 1問 2点 4問 8点
記述式 行政法 1問 20点 14点
民法 1問 20点 12点
合計 114点 / 156
  • 記述式問題は解説記載キーワードの有無を基準に自己採点

全体の正答率が 73% でマークだけだと 75%。思ったほど悪くはないですが安全圏とは言い難いため、やはりあと数問は確実に正解できるような知識が必要だと思いました。


模試結果には直接関係ないですが、個人的に、今回の模試に付属している解説冊子が非常に良いと感じました。
問題の各肢に対して条文や判例の記載があり、さらにどこがどう違うのかという部分まで適度に噛み砕いた説明がついていて分かりやすい。おまけに、各問題ごとに関連重要用語の穴埋めや漢字書き取り問題があり、復習、あるいは記述式問題への対策となっているという親切設計。
この手の解説冊子は、"正誤 + 条文や判例そのものの羅列" という読み進めづらいパターンか、"詳細な条文や判例の記載がない正誤要約文" という深掘りしづらいパターンのどちらかばかりだったので、素晴らしいバランスの解説冊子だと思いました。今後の復習やラストスパートに大活躍しそうです!