Web系エンジニアが行政書士を目指すブログ

アラサー既婚(元)Web/アプリエンジニア兼デザイナーが行政書士を目指す

平成28年度 行政書士試験

2016/11/13 (日)。とうとう本試験です。 これまでの勉強の成果を出す日がやってきてしまいました。 直近の模試では、なんとか合格ラインの180点を超えられそうだ・・・、というギリギリのライン。 難易度や当日の体調でどうとでもなりそうな状態で、全く余裕…

模試結果まとめ

これまでに受けた各社の模試結果が一通り揃ったので、科目ごとの正答率や平均点も含め、一覧にまとめてみました。 09/21 10/08 10/09 10/11 10/16 10/21 10/28 11/04 正答率 平均点 フォ 1 伊藤塾 中間 TAC フォ 2 伊藤塾 最終 辰巳 フォ 3 フォ 4 択一 基礎…

フォーサイト 追加模試2

フォーサイトの追加模試 2回目です。 前回の結果に続きたいところですが、果たして結果は・・・ 試験科目 出題形式 科目 出題数 配点 正答数 点数 法令等 五肢択一式 基礎法学 2問 4点 1問 4点 憲法 5問 4点 4問 16点 行政法 19問 4点 14問 56点 民法 9問 4…

フォーサイト 追加模試1

フォーサイトの追加模試 1回目です。 この追加模試、2回分でそれなりの値段ですし、本当は申し込まないつもりだったのですが、各社の模試結果が思わしくなかったため、ラストスパートの確認用に申込みました。 この状況になると、精神的な不安を取り除いて本…

辰已法律研究所 全国公開模試

前回の民・行チャレンジ模試に続いて、辰已法律研究所の模試に挑戦しました。 模試自体は自宅で受けて、解答をWeb入力 -> 結果諸々と成績を後日郵送してもらえる形式です。 自己採点の結果は・・・ 試験科目 出題形式 科目 出題数 配点 正答数 点数 法令等 …

辰已法律研究所 民・行チャレンジ模試

各社の模試結果が思わしくないため、急いで申し込んだ辰已法律研究所の民・行チャレンジ模試。 実際は、通常の公開模試を申し込もうとした際に発見したモノで、受けられるものは受けよう精神で併せて申し込みました。個別に申し込むよりちょっとお得になりま…

伊藤塾 最終模試

伊藤塾が開催する公開模擬(最終模試)を受けました。 先週のTACを筆頭に、ここ最近は各社の模試を受けて本番の予行演習をしつつ実力の確認をしていますが、不安になるばかり。。。 精神的に落ち着かない状況が続いているなかでの模試となりましたが、結果は…

平成28年度 模擬試験 2

先日のTACの公開模試結果が散々で危機感が増大された結果、改めて自分の現状を把握したい欲求が高まりました。ということで、フォーサイトから送られてきた模試の2回目に挑戦です。 以前実施した第1回とは違い、第2回の問題は本試験レベルを想定したものなの…

TAC 公開模試

伊藤塾に続き、TACの公開模試にも挑戦。 なるべく本番の雰囲気に近い環境で・・・と思い、今回は実際に模試会場(TACの教室)でテストを受けました。 が、隣の教室や廊下から声や足音などが聞こえてくるような状況だったので、想像していた環境とは少し違い…

伊藤塾 中間模試

伊藤塾が開催する公開模擬(中間模試)を受けました。 この公開模試は中間模試と最終模試の2回の模試があり、気付いた時点(9月下旬)で既に中間模試が終わっていたのですが、 在宅・自己採点という形式であれば中間模試も受けられる 最終模試とのパックで申…

平成28年度 模擬試験 1

フォーサイトから2回分の模擬試験(問題/解説)が送付されてきました。 問題冊子の表紙を確認すると、第1回の問題が基礎レベルで第2回の問題が本試験レベルとのこと。ひとまず基礎レベルで腕試しです。 結果は・・・ 試験科目 出題形式 科目 出題数 配点 正…

平成26年度 過去問

昨日に引き続き、行政書士試験の過去問を実施。今回はさらに1年遡って一昨年の平成26年度の問題に挑戦です。 合格率が 13.12% だった平成27年度に比べ、26年度の合格率は 8.27% しかなく、難易度としては高め。しかし、過去問の問題集(平成26年度までの試験…

平成27年度 過去問

行政書士試験まで残り2ヶ月を切りました。 前回から約1ヶ月。テスト結果を受け、ショックと危機感に満ちた生活を送っています。 そもそもの知識が全体的に頭に入っていないという残念な事実が浮き彫りになったため、スピードを早めて講義DVDを見直しつつ、再…

スパート前の確認

ブログの更新が民法でとまっていますが、その後も地道に勉強を続けています。 やはり、講義やテキストを見ながらノートとWebにまとめて・・・という方法では時間がかかり過ぎるため、Webにまとめる作業を省略して進めていました。その後、過去問の問題集も2…

民法 [42] 第5編 相続 - 遺言

遺言 意義 遺言事項 遺言能力 撤回 遺言の方式 自筆証書遺言民法968条 意義 メリット・デメリット 公正証書遺言民法969条 意義 メリット・デメリット 秘密証書遺言民法970条

民法 [41] 第5編 相続 - 相続分・遺留分

相続分 意義 相続分の決定 法定相続分 遺留分 意義 遺留分減殺請求民法1031条

民法 [40] 第5編 相続

相続 意義 相続回復請求権民法884条 相続に対する相続人の態度 単純承認 限定承認 放棄 相続人の確定 胎児の相続権民法886条 相続人の範囲と順位 代襲相続 相続人確定の流れ 相続人になれない者 相続欠格民法891条 廃除民法892条

民法 [39] 第4編 親族 - 親権

意義 内容 親権の消滅

民法 [38] 第4編 親族 - 親子

実子 意義 嫡出子(推定される嫡出子) 推定の及ばない嫡出子 推定されない嫡出子 非嫡出子と認知 準正 嫡出性の否定 養子 意義と成立要件 養子縁組の効力 離縁(縁組の解消) 離縁の効果 特別養子 意義 成立要件

民法 [37] 第4編 親族 - 離婚

協議上の離婚 意義 要件 実質上の要件 形式上の要件 効果 裁判上の離婚 意義 法定の離婚原因民法770条 効果

民法 [36] 第4編 親族 - 婚姻

婚姻 意義 成立要件 実質的要件 形式的要件 婚姻の効力 成年擬制民法753条 夫婦間の契約取消権民法754条 婚姻の無効・取消し 無効原因 無効の効果 取消事由 取消しの効果

民法 [35] 第4編 親族 - 総則

親族の意義 血族 姻族 配偶者 直系・傍系 尊属・卑属 親等 例1: 兄弟 例2: 従兄弟 親族関係の発生と消滅 発生 消滅 親族の意義 血縁や婚姻を通じて形成される一定範囲の者の関係。 民法上 6親等以内の血族 配偶者 3親等以内の姻族 が親族にあたる。民法725条…

民法 [34] 第3編 債権 - 不法行為

不法行為の類型 一般的不法行為 意義 要件 効果 賠償請求の方法 損害賠償の算定 損害賠償請求権の権利行使期間 監督者責任 意義と要件 使用者責任 意義 要件 注文者責任 意義 工作物責任 意義 責任の内容 動物占有者の責任 意義 共同不法行為責任 意義 効果

民法 [33] 第3編 債権 - 不当利益

意義 成立要件 効果 受益者が善意の場合 受益者が悪意の場合 不当利益の特則

民法 [32] 第3編 債権 - 事務管理

意義 成立要件 効果

民法 [31] 第3編 債権 - 契約 - 委任契約

意義 委任者の権利義務 報酬支払義務 費用償還義務 債務弁済請求権 費用前払義務 損害賠償義務 受任者の権利義務

民法 [30] 第3編 債権 - 契約 - 請負契約

意義 注文主の権利義務 請負人の権利義務(担保責任) 瑕疵修補請求権 損害賠償請求権 解除権

民法 [29] 第3編 債権 - 契約 - 賃貸借契約

意義 賃貸人の権利・義務 賃貸人の権利・義務 契約期間 賃貸権の譲渡・目的物の転貸

民法 [28] 第3編 債権 - 契約 - 消費賃借契約・使用賃借契約

消費賃借契約 意義 使用賃借契約 意義

民法 [27] 第3編 債権 - 契約 - 売買契約

売買契約 意義 買主の義務 代金支払義務 売主の義務 財産権の移転義務 担保責任 手付 意義 種類 証約手付 違約手付 解約手付

民法 [26] 第3編 債権 - 契約 - 贈与契約

意義 贈与の形態 書面による贈与 書面によらない贈与 効力

民法 [25] 第3編 債権 - 契約 - 契約の解除

意義 解除事由 債務不履行による契約解除の要件 履行遅滞による解除権の発生要件民法541条 解除権の行使方法 解除の効果

民法 [24] 第3編 債権 - 契約 - 契約の効果

同時履行の抗弁権 意義 要件 危険負担 意義

民法 [23] 第3編 債権 - 契約 - 概要

意義 契約自由の原則 契約の種類 有名契約・無名契約 有名契約(典型契約) 無名契約(非典型契約) 双務契約・片務契約 双務契約 片務契約 有償契約・無償契約 有償契約 無償契約 諾成契約・要物契約 諾成契約 要物契約 主な典型契約の性質

民法 [22] 第3編 債権 - 総則 - 債権の消滅

概要 消滅原因 目的の実現による消滅 目的の実現に不要 目的の実現に不可能 権利の消滅 弁済 意義と当事者 弁済の時期 弁済の場所 弁済による代位 弁済の提供 相殺 意義 要件 供託 意義 更改 意義 免除 意義 混同

民法 [21] 第3編 債権 - 総則 - 多数当事者の債権債務

分割債権債務 意義 不可分債権債務 意義 不可分債権 対外的効力 当事者ひとりに生じた事由の、他の者に対する効力 不可分債務 対外的効力 当事者ひとりに生じた事由の、他の者に対する効力 連帯債務 意義 成立 対外的効力 当事者ひとりに生じた事由の、他の…

民法 [20] 第3編 債権 - 総則 - 債権者代位権・債権者取消権(詐害行為取消権)

債権者代位権 意義 要件 行使方法 請求内容 債権者代位権の転用 事例 債権者取消権(詐害行為取消権) 意義 要件 行使方法 行使期間 行使内容 効果 債務者が債務を弁済しない場合、債権者が債務者の一般財産に対して強制執行をし、差し押さえ・競売・換価な…

民法 [19] 第3編 債権 - 総則 - 債務不履行

意義と要件 意義 債務不履行の種類と要件 債務遅滞 要件 債務不能 要件 不完全履行 要件 損害賠償請求 意義 要件 金銭債務に関わる特則民法419条 成立要件の特則 効果の特則

民法 [18] 第3編 債権 - 総則 - 概要

意義 債権の発生と消滅 債権の分類 特定物債権 不特定物債権 不特定物債権の特定

民法 [17] 第2編 物権 - 担保物権 - 抵当権

抵当権 法定地上権 抵当不動産の第三取得者の地位 代価弁済 抵当権消滅請求 根抵当権

民法 [16] 第2編 物権 - 担保物権 - 質権

転質

民法 [15] 第2編 物権 - 担保物権 - 先取特権

先取特権の種類 一般の先取特権 動産の先取特権 不動産の先取特権

民法 [14] 第2編 物権 - 担保物権 - 留置権

成立要件 効果

民法 [13] 第2編 物権 - 担保物権 - 概要

社会的機能 担保物権の種類 法定担保物権 約定担保物権 担保物権の通有性(共通した性質) 附従性 随伴性 不可分性 物上代位性 効力 優先弁済的効力 留置的効力 担保物権 比較

民法 [12] 第2編 物権 - 用益物権

地上権 地役権 共有関係にある要役地に対する時効 永小作権 入会権(いりあいけん)

民法 [11] 第2編 物権 - 所有権

意義 相隣関係 共有関係 共有物の使用 共有物の分割

民法 [10] 第2編 物権 - 占有権

意義 要件 占有状態の保護制度 占有回収の訴え 占有保持の訴え 占有保全の訴え

民法 [9] 第2編 物権 - 総則

物権総説 意義 物権の種類 物権的請求権 物権的妨害予防請求権 物権的妨害排除請求権 物権的返還請求権 公示の原則 公信の原則 不動産における物権変動の対抗要件 動産における物権変動の対抗要件 即時取得

民法 [8] 第1編 総則 - 時効

時効の援用 時効の利益の放棄 時効の効果 時効の中断 取得時効 消滅時効

民法 [7] 第1編 総則 - 代理

代理 意義と要件 代理行為に関連する問題 意思表示の瑕疵 代理人と相手方の通謀 代理人の権限乱用 範囲の定めのない代理権 無権代理 本人の追認権・追認拒絶権 相手方の催告権 相手方の取消権 無権代理人の責任 表見代理 代理権授与の表示 権限外の行為 代理…