読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web系エンジニアが行政書士を目指すブログ

アラサー既婚(元)Web/アプリエンジニア兼デザイナーが行政書士を目指す

基礎法学 [6] 紛争解決手続

民事裁判 民事手続きの流れ 刑事裁判 刑事手続の流れ 裁判以外の紛争解決 あっせん 調停 仲裁 裁判外紛争解決手段の担い手 ADR法(裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律) 民事裁判 私人間における争いについて、自主的に解決できない場合、民事裁判…

基礎法学 [5] 日本の裁判制度

裁判所の組織 最高裁判所 最高裁判所の有する権利 最高裁判所の組織 大法廷による裁判 高等裁判所 地方裁判所 家庭裁判所 簡易裁判所 審級制度 事実審と法律審 事実審 法律審 審級表 刑事事件の場合 民事事件の場合 裁判所の組織 最高裁判所 高等裁判所 地方…

基礎法学 [4] 法の効力

効力の及ぶ範囲 属地主義 属人主義 保護主義 属地主義における属地(= 国内)とは 時に関する効力 法の効力発生時期 法不遡及の原則 法消滅の効力 効力の及ぶ範囲 属地主義 場所を基準とした法の効力範囲。 原則、日本国内に存在するすべての人に対して国籍…

基礎法学 [3] 法の解釈

文理解釈 拡張解釈 縮小(限定)解釈 変更解釈 反対解釈 類推解釈 もちろん(勿論)解釈 文理解釈 条文の文言をそのまま解釈すること。 文理解釈により不都合が生じる場合、以下の解釈が必要になる。 拡張解釈 条文の文言の意味が狭すぎて法の真の意味がつか…

基礎法学 [2] 法の定義

法律の分類 公法と私法 公法 私法 成文法と不文法 成文法 不文法 自然法と実定法 自然法 実定法 一般法と特別法 一般法 特別法 強行法と任意法 強行法 任意法 実体法と手続法 実体法 手続法 行為法と組織法 行為法 組織法 語句の定義 推定・みなす 推定 みな…

基礎法学 [1] 法体系論の基礎

法の原則 法とは? 法の原則 法の目的 法と道徳 共通点 相違点 不一致 自然法論と法実証主義 自然法論とは 法実証主義とは 法律の意義、限界、修正 法律とは 限界と修正 法規範適用の原則(一般的法規範の原則) 後方上位の原則 特別法優越の原則 後方上位の…