読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web系エンジニアが行政書士を目指すブログ

アラサー既婚(元)Web/アプリエンジニア兼デザイナーが行政書士を目指す

行政書士試験に合格するための勉強方法

行政書士になるためには、行政書士試験に合格する必要がありますが、

ngk-works.hatenablog.com

その試験というのが、合格率 8〜10% 程度の狭き門となっています。
法律に関する知識がない人間には、なおさら厳しい壁となり立ちはだかります。 つまり、行政書士試験合格のためには、効率的・効果的な試験勉強が必要不可欠ということになります。

勉強方法

一般的に、資格試験の勉強方法といえば

  1. 独学
  2. 資格取得のための学校
  3. 通信教育

が浮かびますが、それぞれのメリット/デメリットを考慮し、勉強方法を選択する必要があります。ここを間違うと大変です。

独学

  • 金銭
    • 【◎】書籍代等、金銭的負担は少ない
  • 時間・場所
    • 【◯】自分のペースで勉強が進められる
    • 【△】だらけてしまう可能性もアリ
  • 勉強内容
    • 【△】勉強内容を自分で取捨選択する必要がある
    • 【△】法律に関する基本的な知識がない場合、ハードルが高い

学校(通学制)

  • 金銭
    • 【△】金銭的負担は大きく、受講内容にもよるが20万〜30万円程度必要
  • 時間・場所
    • 【△】学校や講義カリキュラムに従い、時間的・場所的な拘束を受ける
    • 【◯】状況によらず、勉強せざるを得ない環境ができる
  • 勉強内容
    • 【◎】試験合格に最適化された講義を受講できる
    • 【◯】分からない部分をすぐに質問することができる

通信教育

  • 金銭
    • 【◯】受講内容にもよるが数万〜10万円程度必要
  • 時間・場所
    • 【◯】自分のペースで勉強が進められる
    • 【△】だらけてしまう可能性もアリ
  • 勉強内容
    • 【◎】試験合格に最適化された講義(テキストや映像による)を受講できる

まとめるとこんな感じでしょうか。

勉強方法 金銭 時間 勉強内容
独学 ◯/△
学校 △/◯
通信教育 ◯/△

通信教育による勉強

この中からわたしは、通信教育で勉強することを選択しました。
理由として大きなものは以下があげられます。

  • 勉強と平行してある程度の収入を確保するためには、時間的・場所的な融通が効く状態にいる必要があった
    • なるべく支出は抑えたかった
  • 法律に関する基本知識がないので、完全な自習では試験までに知識が得られない恐れがあった

また通信教育を選んだ積極的な理由として、様々な通信講座を調べている中で、シロウトのわたしにも分かりやすく、続けられそうな講座が見つかったという点もあげられます。

フォーサイトによる行政書士通信講座

f:id:ngk-works:20151222185931p:plain

www.foresight.jp

この通信講座のポイントは

  • フルカラーで最小限に最適化されたテキスト
  • ハイビジョン画質の専用講義DVD
  • 全国平均合格率の2倍を誇る実績

です。

また、2015年10月より教育訓練給付制度(一般教育訓練)の対象となったコースもあるようで、金銭的な負担も軽減できそうです。

実際、この講義DVD・テキストを使って勉強していますが、ドシロウトにも理解できるような噛み砕いた説明なので、非常にわかりやすいです。来年の11月に結果が残せるよう、このまま勉強を続けていきたいと思います。

おまけ

フォーサイトの通信講座を検討されている方がいらっしゃいましたら、サンプルの教材を取り寄せることをオススメします。
実際の講義内容を見て判断することができますし、なにより、よりお値打ちな価格で受講できるチャンスが得られます! サイト上には記載されていない割引キャンペーンや、サンプル取り寄せ後 期間限定の特別キャンペーンもありました。
これらを活用して、よりお値打ちに受講しましょう!