読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web系エンジニアが行政書士を目指すブログ

アラサー既婚(元)Web/アプリエンジニア兼デザイナーが行政書士を目指す

行政書士試験 勉強の成果は?

f:id:ngk-works:20160303162507p:plain

すっかり更新が滞ってしまっていますが、その後、地道に勉強をすすめています。
フォーサイトの講義によると、まずは理解できなくてもいいから、試験の出題範囲を一通り勉強することが重要とのこと。最初は全容を把握することのほうが重要で、何度も繰り返し勉強することで、最初はわからなかった部分も理解できるようになるので問題ないそうです。

それにならって、昨年末から約2ヶ月かけて、一通りの講義DVD/テキストの視聴と過去問を実施しました。
具体的には

といった内容を勉強しました。
これまで全く知らなかったことや学生時代になんとなく勉強したこと、これまでの仕事に関わりのある内容などなど。行政書士になるためには、多岐にわたる知識が必要だということを改めて実感し、試験までに自分の知識にできるのかとても心配になりました。

と同時に、これまで知らなかったことを知る楽しみも実感しています。
法律用語で言うところの善意/悪意や、対抗できる/できないといった言い回しなど、基本的な部分すら分からない状況から始めているので、日々色々な発見があって面白いと感じています。

また、過去問を解いていくなかでも

  • これまでに得た知識が活かせる情報通信関連の問題は得意
  • (理系出身のくせに国語が得意なせいか)文章理解や多肢選択式の問題も得意
  • 民法行政法政経社の問題は、知識がまだまだ足りていない
  • 正しい(誤っている)肢の組み合わせを選ぶ問題は他の解答方法に比べて解きやすい
  • 正しい(誤っている)肢の数を答える問題は不得意(単純に難しい)

といった、出題内容や解答方法によって得意/不得意の傾向がなんとなく分かってきたりと、少しずつではありますが知識や経験が蓄積されていっていることを感じます。


ちなみに・・・

テキストと過去問が一通り終わった時点でどれほど知識がついたのか、H27年度の行政書士試験問題を解いて確認してみました。

結果は・・・・・

・・・・・

 

・・・・

 

・・・

 

・・

 

 

試験科目 出題形式 2015/11 今回
法令等 5肢択一式 44点 96点
法令等 多肢選択式 14点 18点
一般知識等 5肢択一式 24点 32点
合計 82点 146点
  • 記述式の問題は除く
  • 問題16(法令等/5肢択一式)は妥当な選択肢がないため、+4点として計算

昨年の11月に会場で実際に試験を受けた時は、試験勉強等は一切なにもしていない状態で3割弱の正答率でした。。。
今回、一通りの試験勉強をした後での正答率は5割弱。記述式問題で半分(30点)程度答えられたと仮定すると、ギリギリ合格ラインに届くか届かないか・・・という状態です。
一度解いた問題ということもありますし、合格を確実なものとするためにはまだまだですが、勉強の成果を感じることができたので良しとしておきます。

行政書士試験合格へ向けて、より正しく、より深く理解できるよう、このまま2回目、3回目と繰り返し(もう少し掘り下げながら)勉強していこうと考えています。