読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web系エンジニアが行政書士を目指すブログ

アラサー既婚(元)Web/アプリエンジニア兼デザイナーが行政書士を目指す

憲法 [16] 第4章 国会 - 国会の構成

f:id:ngk-works:20160323095959p:plain

二院制

憲法42条

国会は、衆議院及び参議院の両議院でこれを構成する。

両院間の抑制・均衡により、議会への権力集中やその専制化を防ぐとともに、一院の誤りを他院が補正できるものとして、国民の利益を図っている。

各議院の特徴

衆議院 参議院
任期 4年
解散により任期終了憲法45条
6年
3年ごとに半数改選憲法46条
視点 任期が短いがゆえに、国民の意思が反映されやすい
-> 権限 大
任期が長く、必ずしも国民の意志が反映されているとはいえない
-> 権限 小
衆議院が解散された場合、国民の意志を反映する機関がなくなるので、その時の補充として必要(緊急集会)
解散 あり なし
権能 内閣信任、または不信任決議憲法69条 緊急集会憲法54条2項, 3項
議決の対象 両議院対等
  • 皇室財産授受についての議決憲法8条
  • 憲法改正発議権憲法96条1項
先議権 予算憲法60条1項 なし
優越
  • 法律の議決権憲法59条2項
  • 予算の議決権憲法60条
  • 条約の議決権憲法61条
  • 内閣総理大臣の指名権憲法67条2項
なし

法律案の議決

両議院で可決した場合

憲法59条

1項
法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。

f:id:ngk-works:20160323192616p:plain

衆議院参議院で議決が異なる場合

憲法59条

2項
衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上の多数で再び可決したときは、法律となる。

3項
前項の規定は、法律の定めるところにより、衆議院が、両議院の協議会を開くことを求めることを妨げない。

4項
参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて60日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。

f:id:ngk-works:20160323192622p:plain

法律の制定手続き

  1. 国会議員または内閣による法律案の発案
  2. 国会の審議
  3. 議決
  4. 国務大臣の署名・総理大臣の連署
  5. 天皇による公布
  6. 施行

憲法74条

法律及び政令には、すべて主任の国務大臣が署名し、内閣総理大臣連署することを必要とする。

予算案の議決

憲法60条

予算は、さきに衆議院に提出しなければならない。

2項
予算について、参議院衆議院と異なつた議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて30日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

f:id:ngk-works:20160323192628p:plain

予算の成立手続き

  1. 内閣による予算案作成
  2. 国会の審議
  3. 議決

条約の承認

憲法61条

条約の締結に必要な国会の承認については、前条第二項の規定を準用する。

f:id:ngk-works:20160323192635p:plain

条約の成立手続き

原則

  1. 国会の承認
  2. 内閣の締結
  3. 天皇による公布

例外

  1. 内閣の締結
  2. 国会の事後承認
  3. 天皇による公布

内閣総理大臣の指名

憲法67条

内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。この指名は、他のすべての案件に先だつて、これを行ふ。

2項
衆議院参議院とが異なつた指名の議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は衆議院が指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて10日以内に、参議院が、指名の議決をしないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

f:id:ngk-works:20160323192641p:plain