読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web系エンジニアが行政書士を目指すブログ

アラサー既婚(元)Web/アプリエンジニア兼デザイナーが行政書士を目指す

憲法 [18] 第4章 国会 - 国会の権能と議院の権能

f:id:ngk-works:20160323095959p:plain

国会の権能

  1. 立法に関する権限
    • 立法権憲法41条
      • 国会中心立法の原則
      • 国会単独立法の原則
    • 憲法改正の発議・提案権憲法96条
  2. 行政に関する権限
    • 内閣との関係
      • 内閣総理大臣の指名権憲法67条
      • 条約締結の承認権憲法73条3項(締結は内閣の権限)
    • 財政との関係
      • 財政権に対する統制権憲法83条 - 91条
  3. 司法に関する権限

弾劾裁判所

憲法64条

国会は、罷免の訴追を受けた裁判官を裁判するため、両議院の議員で組織する弾劾裁判所を設ける。

2項
弾劾に関する事項は、法律でこれを定める。

議院の権能

自律権

各議院が相互に独立して審議・議決を行なうために、他の機関の干渉を排して行動できる権利。

自主組織権

議院役員選任権

憲法58条

1項
両議院は、各々その議長その他の役員を選任する。

議員資格に関する争訟の裁判権

憲法55条

両議院は、各々その議員の資格に関する争訟を裁判する。但し、議員の議席を失はせるには、出席議員の3分の2以上の多数による議決を必要とする。

議員の逮捕の許諾及び保釈要求

憲法50条

両議院の議員は、法律の定める場合を除いては、国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない。

自主的運営権

議院規則制定権

憲法58条

2項(前段)
両議院は、各々その会議その他の手続及び内部の規律に関する規則を定め、(以下、略)

議員懲罰権

憲法58条

2項(後段)
(前略)院内の秩序をみだした議員を懲罰することができる。但し、議員を除名するには、出席議員の3分の2以上の多数による議決を必要とする。

国政調査権

憲法62条

両議院は、各々国政に関する調査を行ひ、これに関して、証人の出頭及び証言並びに記録の提出を要求することができる。

国会の権能と議院の権能 一覧

国会の権能 議院の権能
  • 法律案の議決憲法59条
  • 条約の承認憲法61条, 73条3号
  • 予算の議決憲法60条
  • 内閣総理大臣の指名憲法72条, 91条
  • 憲法改正の発議憲法96条
  • 弾劾裁判所の設置憲法64条
  • 皇室財産授受の議決憲法8条
  • 国政調査権憲法62条
  • 議院規則制定権憲法58条2項
  • 議員の懲罰憲法58条2項
  • 議員の資格争訟の裁判憲法55条
  • 議員の逮捕許諾及び保釈の請求憲法50条
  • 会議の公開の停止憲法57条1項但書
  • 役員の選任憲法58条1項
  • 国務大臣の出席要求憲法63条