読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web系エンジニアが行政書士を目指すブログ

アラサー既婚(元)Web/アプリエンジニア兼デザイナーが行政書士を目指す

民法 [10] 第2編 物権 - 占有権

f:id:ngk-works:20160405152157p:plain

意義

物の支配という現実の事実状態を一応保障するために認められた物権。
登記は不要で、相続の対象となる。

要件

  1. (主観面)自己のためにする意思をもち
  2. (客観面)物を現実に支配する(代理人による支配でも可)

占有状態の保護制度

占有回収の訴え

占有物を他人に奪われた場合、その占有を回復するための訴え。

占有保持の訴え

他人により占有が妨害されている場合、その妨害を排除するための訴え。

占有保全の訴え

妨害はないがそのおそれがある場合、将来の妨害の予防を求める訴え。