読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web系エンジニアが行政書士を目指すブログ

アラサー既婚(元)Web/アプリエンジニア兼デザイナーが行政書士を目指す

民法 [30] 第3編 債権 - 契約 - 請負契約

f:id:ngk-works:20160421141027p:plain

意義

請負人がある仕事を完成させ、それに対し注文主が報酬を与えることを約する双務・有償・諾成・不要式の契約。民法632条

注文主の権利義務

請負人に報酬を支払う義務を有する。
報酬の支払いは、目的物の完成ではなく、完成した目的物の引渡しと同時履行の関係にある。

請負人の権利義務(担保責任)

仕事を完成させ、目的物を引き渡す義務を有する。
仕事の完成について売買の担保責任とは異なる担保責任を有しており、目的物に瑕疵があった場合、注文主に以下の権利が認められる。

瑕疵修補請求権

相当の期間を定め、瑕疵の修補を請求できる。

損害賠償請求権

瑕疵の修補の代わり、または修補とあわせて、損害賠償を請求することができる。

解除権

目的物に瑕疵があり契約の目的を達する事ができない場合、解除することができる。(目的物が建物その他土地の工作物場合を除く)