Web系エンジニアが行政書士を目指すブログ

アラサー既婚(元)Web/アプリエンジニア兼デザイナーが行政書士を目指す

辰已法律研究所 全国公開模試

前回の民・行チャレンジ模試に続いて、辰已法律研究所の模試に挑戦しました。
模試自体は自宅で受けて、解答をWeb入力 -> 結果諸々と成績を後日郵送してもらえる形式です。

f:id:ngk-works:20161104151840g:plain

自己採点の結果は・・・

試験科目 出題形式 科目 出題数 配点 正答数 点数
法令等 五肢択一式 基礎法学 2問 4点 1問 4点
憲法 5問 4点 3問 12点
行政法 19問 4点 13問 52点
民法 9問 4点 8問 32点
商法 5問 4点 2問 8点
多肢選択式 憲法行政法 4 * 3問 2点 10問 20点
一般知識等 五肢択一式 政治・経済・社会 7問 4点 4問 16点
情報通信・
個人情報保護
4問 4点 3問 12点
文章理解 3問 4点 2問 8点
合計 164点
  • 記述式の問題は除く

一般知識の点数に助けられたような気がします。記述式問題の結果次第ではなんとか・・・、というところですが、あまり自信はありません。。。

解説の中で講師の方が仰っていましたが、確実なのはやはり、行政法の択一で着実に点数を重ねることだそうで、最低でも15/19問は取りたい、と。

  • そういう意味では、最も基本的な部分での点数が足りていないので、本試験まで時間が限られている中ではありますが、なんとか詰め込んでいきたいと思います。